0%
MENU
比叡山延暦寺

Place 01

比叡山延暦寺

Enryakuji

ロテルド比叡周辺マップ
延暦寺 延暦寺

アクセス

ロテルド比叡前から、延暦寺バスセンター行きのシャトルバスで約15分。
シャトルバスはご宿泊者の方は無料でご利用いただけます。
(6:00/9:30/12:00発 ※チェックイン時にご予約ください)

天台宗の総本山。
奈良時代末期、19歳の最澄が、比叡山に登り草庵を結んだのが始まりとされています。平安時代から世界の平和を祈る寺院として、さらには人材育成の学問と修行の場として、この比叡山からのちに日本仏教をささえた祖師高僧を輩出してきました。現在も厳しい修行が行われ、日本仏教の母山と仰がれています。

比叡山の山内にある500ヘクタールの境内地には、約150の堂塔が点在し、総称して「延暦寺」と呼びます。山内を地域別に、東を「東塔(とうどう)」、西を「西塔(さいとう)」、北を「横川(よかわ)」の3つに区分しています。

また比叡山は、京都と滋賀の県境にあり、東には日本一の湖・琵琶湖を眼下に望み、西には古都京都の町並を一望できる景勝の地。この美しい自然環境の中に息づく1200年の歴史と伝統が世界から高く評価され、平成6年(1994年)にはユネスコ世界文化遺産に登録されています。

東塔エリア

東塔エリア

本堂にあたる根本中堂を中心とする区域。総本堂根本中堂をはじめ各宗各派の宗祖を祀っている大講堂、先祖回向のお堂である阿弥陀堂など重要な堂宇が集まっています。延暦寺バスセンターがあり、比叡山山頂、西塔、横川へのシャトルバスや京都市内行きの路線バスに乗車することができ、また坂本ケーブルを利用して門前町坂本へ降りることもできます。
→詳しくみてみる

国宝「根本中堂」

国宝「根本中堂」

延暦寺の総本堂でもある根本中堂。最澄が延暦7年(788年)に創建し、その後何回も災害に遭いながら復興。現在の姿は徳川家光の命により寛永19年(1642)に竣工したもの。建物は国宝に指定されています。

不滅の法灯

不滅の法灯

約1200年前に最澄により点灯され今なお灯り続けている尊火。織田信長の焼き討ち(1571年)により一時途絶えましたが、立石寺に分灯されていたものを再びこの地に移し、現在は根本中堂の本尊前に安置されています。

横川エリア

横川エリア

本堂にあたる遣唐使船をモデルとした舞台造りの横川中堂を中心とする区域です。その他に恵心堂や四季講堂(元三大師堂)などがあります。東塔からシャトルバスで15分、または徒歩で約100分となります。西塔からはシャトルバスで10分。
→詳しくみてみる

西塔エリア

西塔エリア

本堂にあたる釈迦堂を中心とする区域です。その他に、修行のお堂であるにない堂や浄土院などがあります。一般の方々の研修道場である居士林もあり、事前予約で修行体験をすることも可能です。東塔からはシャトルバスで5分、もしくは徒歩で20分(未舗装、坂道、階段あり)横川からはシャトルバスで10分。
→詳しくみてみる

延暦寺のご朱印めぐり

延暦寺のご朱印めぐり

延暦寺には12カ所の朱印所があります。延暦寺オリジナルの御朱印帳を手に、荘厳な山内を心静かにゆっくりと巡ってみてはいかがでしょうか。

季節情報

歴史薫る名所・四季折々の自然を訪ねて。季節別の見所をご紹介します。